虚偽表示の第三者の具体例!あたる人とあたらない人(94条2項)

虚偽表示の第三者の具体例

虚偽表示の当事者およびその包括承継人以外の者であって、虚偽表示の外形について新たな独立の法律上の利害関係を有するにいたった者(判例)

虚偽表示の第三者は有名な判例がありまして、定義はみなさん知っているかとおもいます。今回は、その定義をふまえて第三者の具体例をご紹介します。

第三者にあたる例、第三者にあたらない例をそれぞれまとめました。

定義から直で判断できる人

当事者(虚偽表示をした当の本人たち)は第三者にはあたりません。さらにその当事者たちの包括承継人たちも第三者にあたりません。これは定義にそのまま書いてありますね。

たとえば虚偽表示をした当事者Aが亡くなって、そのこどもが相続をしたとします。こどもは包括承継人にあたるので、

Aのこども

お父さんが虚偽表示をしていたなんてしらなかったんだ、ぼくは善意です。

と言ったところで、第三者として保護されることはありません。

虚偽表示の第三者にあたる人の例

不動産の仮装譲受人からさらに譲りうけた人

不動産の仮装譲受人から担保権をえた人

仮装抵当権者からの転抵当権者

虚偽表示の目的物の差押債権者

仮装債権の譲受人

虚偽表示の第三者にあたらない人の例

1番抵当権が仮装放棄、順位上昇を誤信した2番抵当権者

代理人が虚偽表示したときの本人

Cは代理人Bが虚偽表示をするに代理権をあたえていますし、できあがった虚偽表示の外観にだまされて「新た」に法律関係にはいってきた人ではありません。

 

法人の理事が虚偽表示をしたときの法人も、同じように第三者にはあたりません。

債権の仮装譲受人から取立てのために債権を譲りうけた人

取り立てのためだけに譲りうけた人Cは、譲受人Bのお手伝いさんです。Bの手足として取り立てをするだけの人なので、Cは「独立の」利害関係があるとはいえません。

仮装譲受人のたんなる債権者

仮装譲渡された債権の債務者

土地が仮装譲渡されたときの建物賃借人

 

土地と建物は別々のモノです。Cは、争いがある土地の上に建物を借りているので、たしかに土地の所有者に「勝手に俺の土地の上に住むな、出てけ」といわれたら、こまってしまいます。

 

建物賃貸借契約をむすんでいるCは、建物については法律上の利害関係があります。けれども、土地賃貸借契約をむすんでいるわけではないので、土地については「法律上の」利害関係がありません事実上の利害関係があるにすぎないのです。

 

だからこの場合のCは第三者として保護されることはありません。

みどりちゃん

Cがかわいそうな気もするけど、でもCを保護したら、AはCにたいしては返せといえない(94Ⅱ)けど、Bにたいしては返せといえる(94Ⅰ)ことになって、法律関係がマジでカオスになるので、この結論がいちばんいいんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!