心裡留保の意味と第三者保護/代理権の濫用(93条但書類推適用)まとめ

心裡留保とは?意味と表示主義

心裡留保しんりりゅうほとは、意思表示1)意思表示は、効果意思・表示意思・表示行為から成り立ちます。効果意思の前には動機があります。をした人がその表示した内容通りに行動する真意がないのにする意思表示のことをいいます。

みどりちゃん

冗談半分で「この時計あげるよ」とか言う奴な。本心では本当にあげるつもりもないのに、そういうこと言ううざい奴っているじゃないですか。

そんなふざけた表示行為をする人のことなんて、あんまり保護しなくていいですよね。だから、条文でもこのように書かれています。

93条本文(原則)
意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。

つまり、表示を信じてしまった相手方を保護してあげよう、ということでそんな意思表示であっても、原則有効になります。

本心ではそう思っていなかったとしても、表示した内容に合わせて法律関係を変動させようということです(表示主義)時計はあげなくちゃいけなくなります。

でも、だからといって言われた側が(あ、こいつまた見栄張ってウソついてるな)とわかっていた場合はどうでしょうか。

93条ただし書(例外)
ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

相手方が、表意者の本心をわかっていたとか、調べればすぐわかるような状況だったとか(悪意又は有過失)、そういうときには例外的に無効になります。時計はあげなくてすみます。

いくら本心とはちがうことをほざいている本人がわるいといっても、本来は内心というか「意思」によって効果が発生するはず。そこを、表示を信じた相手方を守るために、表示通りの効果を発生させているだけなのだから、相手がウソだとわかっている場合にまで別に守ってあげる必要性はないよね。

みどりちゃん

覚えておこう
心裡留保は原則が有効で、例外的に無効

心裡留保の第三者保護(94条2項類推適用)

本人(A)の意思表示が心裡留保だとわかってて物をうけとった人(B)から、さらに目的物を譲りうけた第三者(C)がいたときに、その第三者の保護をかんがえなくてはなりません。

AとBのやり取りは心裡留保です。Aは内心と表示が不一致ですし、そのことをBは知っています(悪意)。そのため、ABの取引は無効(93条ただし書)です。家の所有権はAに帰属しているので、AがCに返せといえてしまうのが原則です。

でもCがかわいそうです。だって、AB間の取引が心裡留保で本当は無効なのだということは、外からみてわからないからです。Cは、ABの取引が有効だと信じて、Bと取引をしてしまいました。

みどりちゃん

こんな世の中では、取引を安心して行うことができないね(取引の安全)

似たような規定である94条には第三者保護規定(94条2項)があるのですが、心裡留保には93条2項のような第三者保護規定はありません。

94条 通謀虚偽表示の場合

94条の場合は、AとBに通謀があります。表示と内心がちがっていることをABともに知っていて、通謀しています。その場合に、取引に入ってきた「第三者」は94条2項によって保護されます。

93条の場合は、AとBに通謀がありません。Aは自分で内心と表示の不一致を知っています。そして、Aの不一致をBもわかっています(悪意)。ほとんど状況は同じなのに、この場合は第三者を保護する規定がないのです。

93条ただし書 心裡留保の場合

94条2項の場合は保護されるのに、93条ただし書の場合はいっさい保護されないのでは、バランスを欠きますし、Cの取引安全がないがしろにされすぎです。

そこで、93条ただし書で無効の場合であっても、94条2項を類推適用して第三者(C)を保護します。Cは「善意」であれば、保護されます(AはAB間取引の無効をCに対抗することができない)

代理権の濫用は93条ただし書類推適用

代理権の濫用は、代理人が自己又は第三者の利益をはかる意図で、権限内の行為をしたときのことをいいます。

代理行為自体は有効にキマっています(有権代理)。ただ、代理人の内心に「代理権を濫用しよう」という意図があるだけです。

代理権の濫用

BにはAからあたえられた代理権があり、その代理権の範囲内でCから仕入れをしています。Aに取引の効果を帰属させる意思もみせています(顕名)。BC間には有効な法律行為があるので、代理はきちんとキマっており、売買契約の効果はAC間に帰属するはずです。

したがって、CはAに対して売買契約に基づく代金支払請求ができるのが原則です。

みどりちゃん

でもCは、Bの意図をしっていました。仕入れた商品を勝手に転売して、お金をもらってしまおうという意図です。わかっていながらBと取引をしたのです。これではAがかわいそう。

代理権の濫用をされてしまったAみたいな人を保護する規定は、現在の民法の中にはありません2)改正民法では、代理権の濫用が明文化されます。たぶん。。これについては判例があります。

代理人が自己または第三者の利益をはかるため権限内の行為をしたときは、相手方が代理人の右意図を知りまたは知ることをうべかりし場合に限り、民法九三条但書の規定を類推して、本人はその行為につき責に任じないと解するを相当とする
ー最判昭和42年4月20日

代理権の濫用があったときの利益関係が、心裡留保の場合とすごく似てるということで、93条ただし書を類推適用することにしました。

  • STEP.1
     BはそとづらではAの利益のために行動していますが、内心は後で勝手に転売しちゃうつもりですから自分の利益のためにうごいています(表示と内心が不一致)
  • STEP.2
    Cは(Bは転売してお金をくすねるつもりだな)とわかっていたので、Bの表示と内心が不一致であることについて知っています(悪意)
  • STEP.3
    だからBCの間の取引は例外的に無効になります(93条類推適用)
  • STEP.4
    そのため、本人Aには代理の効果が帰属せず、Aに対するCの代金債権は発生していません。だからCの請求はみとめられません。
厳密にかんがえれば、ちがくね?みたいなところがなくもないですけど、まあいいじゃないですか。Aが保護できるんだったら、一件落着です。

みどりちゃん

ちなみに、110条は代理権の権限の行為をしたという無権代理の場合の規定です。代理権の濫用は、代理権の範囲の行為で有権代理ですから、110条の規定はつかえません。

注意
代理権の濫用は、有権代理のお話。

脚注   [ + ]

1. 意思表示は、効果意思・表示意思・表示行為から成り立ちます。効果意思の前には動機があります。
2. 改正民法では、代理権の濫用が明文化されます。たぶん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!