94条2項類推適用の論述!要件と判例/110条意思外形非対応型&対応型とは

94条2項類推適用の要件と判例を確認【論述の準備】

94条2項の趣旨は、権利外観法理です。

虚偽の外観が存在し、その外観作出について真の権利者に帰責性があり、虚偽の外観に対する第三者の信頼がある場合には、真の権利者の犠牲の下、第三者を保護する。

94条2項というのは、AとBが「通じて(通謀をして)」虚偽の意思表示をしていたときに、その嘘の外観にだまされて取引にはいってきた第三者Cを保護するものです。

そのため、AとBに通謀が無いときは、94条2項を直接適用することができないのです。

注意
直接適用を考える前の大前提ですが、登記に公信力はないので、第三者Cは192条で所有権をもらえるということもありません。

しかし、第三者CはAとBに通謀がなかったときでも、ニセモノの外観を信頼して取引に入ってきているのは同じです。通謀があろうがなかろうが、Cのかわいそう具合は一緒ですよね。

そこで、このような場合には94条2項を類推適用して、Cを守ってあげるのです。

94条2項類推適用の論述・論証

94条2項類推適用

(AとBは)「通じて」虚偽の意思表示をしていない以上、94条2項の直接適用はできない。しかし、これでは虚偽の外観を信頼して取引に入った者の取引の安全を害する。そもそも94条2項の趣旨は、虚偽の外観作出について真の権利者に帰責性がある場合に、その真の権利者の犠牲の下、第三者の信頼を保護するところにある。

そこで、①虚偽の外観が存在し、②その虚偽の外観の作出について真の権利者に帰責性があり、③第三者の信頼がある場合には、94条2項を類推適用することができると考える。

(③第三者の信頼については、意思外形対応型なら「善意」のみ、意思外形非対応型なら「善意無過失」まで要求することに触れる、詳細は次の見出しで)

BがAになにも言わないで勝手にニセモノの登記をしていた、っていう場合は、②真の権利者の帰責性がないってことでいいの?

うさぎさん

みどりちゃん

あ、いや、それは場合によるよね。Bにニセモノの登記をされたことをAはあとから知ったんだけどめんどくさいから放っといてた、とか、むしろ「そのままにしといてもいいよ~」ってBに言ったとか、そんなときはふつうにAに帰責性があるよね。

ニセモノの登記(虚偽の外観)をつくり出すことに本人がかかわっていなかったとしても、そのニセモノの登記がされている状態をしっていながら放置していた場合は、真の権利者の帰責性を認めることができます。

Bが、Aになにも言わず勝手に自分B名義の登記にしてしまったとします。Aはそれに途中で気がついていながら(なんかめんどくさいからいいや)と放っておきました。そんなときに、CがB名義の登記を信頼して、Bから土地を買いました。

こういったときにAがすぐに自分の名義にもどさなかったことは、B名義の登記というニセモノの外観があることをしっていながら、そのまま残しておくという判断をしたってことです。つまり、虚偽の外観を存続させることを明示又は黙示に承認していた、といえます。1)cf. 昭和45年9月22日だから、Aには帰責性がみとめられます。

意思外形非対応型と意思外形対応型の要件の違い/善意のみor善意無過失まで要求

94条2項で守られる第三者は、ふつうは「善意」であればそれでOKです。

でも、本人が想定していた外形よりも大きな外形がつくられてしまって、それを第三者が信頼した場合はちょっとかわってきます。

たとえば、AはBに「仮登記」だけはOKしていました。しかし、これをBが利用して「本登記」までしてしまいました。そして、Cがこの本登記を信頼して取引にはいってきてしまったのです。

Aさん

ま、仮登記くらいだったら別に対抗要件にもならないし、いいよ~。え?本登記だったらそりゃダメに決まってるよ~!!

Aさん的には、こういうノリだったのです。

にもかかわらず、Bさんは仮登記を利用して勝手に本登記にしちゃって、あげくCさんに売っちゃいました。Aさんが本登記までゆるしていた場合とくらべて、仮登記までしかOKしていなかったAさんの帰責性は、なんとなく小さい感じがしますよね。

こういうときには、そんなにわるくない本人Aを犠牲にしてまで守ってあげるのですから、Cさんの主観的要件はきびしくするべきです。具体的には「善意」のみではなく、「善意無過失」まで求めるべきです。2)最判昭和47年11月28日

AさんがOKした外観(仮登記)よりも、大きな外観(本登記)がつくられてしまい、その大きな外観を第三者Cが信じたっていう、こんな形を意思外形非対応型といいます。

みどりちゃん

また、AさんがOKした外観と実際につくり出された外観が同じときは、意思外形対応型といいます。

「110条の法意に照らして」本人の明示又は黙示の承認もないけど、すごく重い帰責性があるときの話

Bがニセモノの登記をすることを積極的にOKしていたり、Bがそういう悪さをしていることを知っていたのにめんどくさいからあえて放置してたとか、そういう事情はAさんになかったとします。

つまり、ニセモノの登記がつくられていることそのものについては、これといった承諾(明示、黙示とも)がなかったってわけです。

でも、たとえばAさんの目の前で、Bさんが登記の書類にAの実印を押しているのをボケーっと見ていながらなーんにも言わなかった、という事情があったらどうでしょうか。さすがにAさんは「ちょっとBさん、あんた何してんのよ」くらい言って、止めるべきですよね。

それをなんにも言わずに漫然と、Aさんはボケーっとしていただけなのですから、これは積極的にニセ登記にOKを出していたり、ニセ登記を知っていながらあえて放っておいた場合と同視できるくらいの重い帰責性があるといってもいいですよね。

このような場合には、110条の法意に照らして(110条を類推適用して)、第三者Cは守られるというわけなのです。3)最判平成18年2月23日。本事例の場合は、登記済証を数か月間Bに預けたままにし、本人AはBに言われるがままに印鑑登録証明書を交付したうえで、Aの目の前でBがA実印をつかって登記申請書を作成した等の事情があります。くわしくは判例をよんでね。

110条は、本人のあげた代理権の範囲をこえて代理人が行動しちゃったとしても、本人は責任とってくださいねって感じの条文です。

みどりちゃん

110条みたいなそんな条文があるってことは、本人の想定をこえて行動されちゃったときには本人に責任をとらせましょう、という考え方が民法にはあるんだなぁとわかる。この考え方に沿って考えれば、今回のAさんにも責任をとらせるのは筋が通ってるよね。
意思外形非対応型とはちがうの?
虚偽の外観自体についての明示又は黙示の承諾があったのかどうかがちがいます。非対応型は一応、仮登記については承諾があり、それをもとに本登記がされてしまった場合です。110条の話がでてくるのは、虚偽の登記について明示にも黙示にも承諾がないときの話です。

脚注   [ + ]

1. cf. 昭和45年9月22日
2. 最判昭和47年11月28日
3. 最判平成18年2月23日。本事例の場合は、登記済証を数か月間Bに預けたままにし、本人AはBに言われるがままに印鑑登録証明書を交付したうえで、Aの目の前でBがA実印をつかって登記申請書を作成した等の事情があります。くわしくは判例をよんでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!